壁面緑化の取り組みを進めることで得られるメリットは?


取引先や消費者に好印象を持ってもらえることもある

都市部のビル内にオフィスを構える大手企業の中には、環境保護やヒートアイランド現象の抑止などを目的として壁面緑化を推進しているところが少なくありません。壁面緑化のメリットには様々なものがありますが、特に環境分野の事業を専門的に扱っている企業であれば、将来的に取引先や消費者に好印象を持ってもらえることがあります。また、長期にわたり壁面緑化に取り組むことで、環境保護活動に貢献をした企業として自治体や民間の団体に表彰されるケースも少なくありません。なお、限られたスペースの中で壁面緑化を効果的に進めるには、コストだけでなく有能な人材や高度な技術も必要とされるため、様々な角度から計画を立てることが重要となります。

建物を風雨や排気ガスから守ることができる

壁面緑化は、建物を風雨や排気ガスなどから守ることができ、経年劣化のスピードを遅らせる上で大きな魅力があります。特に、車の通りが多いエリアにあるビルは、知らず知らずのうちに建物が老朽化しやすくなるため、早い段階で壁面緑化の費用対効果について検討する価値があります。自治体によっては、壁面緑化の対策を進めている企業を対象に助成金を支給したり、専門の職員によるアドバイスを行ったりしているところもあり、今や業種や業態などによらず、多くの企業の間で壁面緑化の取り組みが普及しています。その他、長期的に壁面緑化に力を入れることにおいて、植栽や水やりなどの大事なポイントについて、担当の社員がしっかりと押さえることが肝心です。

壁面緑化は建物の壁面を植物で覆うことをいいます。植物の光合成が二酸化炭素を消費するので、地球温暖化やヒートアイランド対策として期待されています。また緑のある街造りにも活用でき、益々注目を集めています。