素敵なお土産でセンスが良いと思われたい!東京土産を選ぶ際のポイント


見た目のオシャレさにこだわるべし

東京と言えばスタイリッシュな都会だというイメージを持っている人は少なくないでしょう。お土産に求められる要素の1つとして、どこに行ったのかがすぐわかることが挙げられます。例えば、お土産のパッケージや中身に地名がプリントされているとか、そういうものはまさにこの要素を全面に押し出していると言えます。それでは、東京土産にも「東京」とわかりやすくプリントされたものを選べば良いのかというと、必ずしもそういうことではありません。

「東京」とだけプリントされた、なんの変哲もないお菓子をお土産にしたとしたら、もらった相手は自分の中の東京のイメージと、お土産から醸し出される東京のイメージのギャップを感じるかもしれません。東京と言えばオシャレな都会、だからお土産もオシャレであるはず…そんなイメージを具現化することが、相手に喜んでもらうためのポイントです。そのためには、まず見た目にこだわることが大切です。雑誌に載っているようなカラフルな洋菓子やモダンな和菓子など、オシャレな品を選ぶことをおすすめします。

特定の場所でしか手に入れられない限定品は喜ばれる

人は限定品に弱いものです。そこでしか手に入らない品をお土産に買ってきてくれたとなると、途端にその人の株が上がります。東京には、そのお店でしか手に入らないもの、その時間にしか販売しないものなど、さまざまな限定商品があります。「あなたのために買ってきました」という特別感を出すことができ、話のタネにもなります。何を買えば良いのかわからない場合は、購入できそうな限定商品をチェックしてみることをおすすめします。

カンパネラの語源はイタリア語のcampanellaで「鐘」を表します。この名前が付けられたヴァイオリンの協奏曲は、ピアノの高音を鐘に見立てており、また、花が鐘の形をした植物の名前や、お菓子の名前にも使用されています。