紙巻きタバコでなくてもニコチンは吸える?Vapeとニコチンリキッド


電子タバコでは紙巻たばことは違った喫煙体験ができる

電子タバコは通称Vapeという名で呼ばれており、形はペンのような筒状の形をしています。内部で液体を蒸発させて煙を発生させ、その煙を吸うことで喫煙することができます。液体を蒸発させるので中に入れる液体によって吸う煙を自由に調整できるため、単なるタバコの代用品ではなく吸うアロマとして女性にも人気が出ているようです。

電子タバコはリキッドを配合して調節できる

電子タバコで蒸発させるリキッドは、自分で配合して好みのものを作り出すことができます。紙巻たばこで吸っていたニコチンがどうしても忘れられないという人は、ニコチンリキッドを使って紙巻きタバコと同じような吸い心地を得ることもできます。またこの自分で配合できるという要素を活用して、ニコチンの配合量を徐々に減らしていき最終的にゼロにする禁煙用アイテムとしても使うことができるのです。ニコチンは劇薬でもあり、誤って大量摂取してしまうと死ぬ恐れもあるため、ニコチンを濃縮したニコチンリキッドを取り扱う場合は細心の注意が必要です。

ニコチンリキッドと配合するためのフレーバーリキッドというものも発売されており、紙巻たばこなどでよくみかけるメンソールなどのスタンダードな物に留まらず、フルーツやデザート、コーヒーなどのドリンクのフレーバーなどもあります。

ニコチンリキッドの入手は個人輸入になる

ニコチンリキッドの入手方法は基本的に通販サイトなどを使って個人輸入をすることになります。これは日本国内においてニコチン入りリキッドを販売することが薬事法によって禁止されているからです。調べると輸入代行をするサイトなども出てくる場合がありますが、トラブルを回避するためにも個人で直接輸入する方がよいでしょう。

ニコチンリキッドは国内で製造・販売が禁止されています。そのため、入手する場合は海外から個人輸入する必要があります。海外で直接購入し、日本に持ち帰る際に税関で申告する方法が一般的です。