日用品ではなく完全なファッションアイテムとして!機械式時計を買うのも良い


管理が面倒でも人気がある機械式時計

シンプルで目立たないデザインの商品が大半を占めるクオーツ式腕時計と比べて、機械式腕時計には独特な迫力があります。また、スケルトン式でムーブメントの中のパーツが外から見えるようなものは最高におしゃれです。そのため、手入れがやや大変でも日用品兼ファッションアイテムとして機械式腕時計を購入しようとする人は多いです。

面倒なら時刻のズレを気にしない

もし機械式時計を買いたいけれど、維持・管理をちゃんと続けていけるか心配な場合は良い方法があります。それは日用品(時刻を知るための道具)としてではなく、他のアクセサリーと同様に完全なファッションアイテムとして保有するという形です。例えば、現代人の大半が保有しているスマートフォンには正確な時を刻む時計機能がついていますので、普段はそちらで時刻を確認すれば問題ないでしょう。一方で機械式腕時計に関しては、たまに装着する時だけ事前にゼンマイを回して時計が一応動いている状態にします。この方法であれば維持・管理の大変さを一切感じる事なく、おしゃれな機械式腕時計を気軽に保有し続けられます。

中古品はだいぶ安く手に入る

機械式腕時計はクオーツ式商品と違ってパーツの数が多く、1本が出来上がるまでに時間がかかるため単価が高額である傾向です。安いものでも新品だと5万円前後しますし、高いものは1000万円以上の値がつけられています。しかし、例えばネットのモールではデザイン性が高い中古品が1万円台くらいで販売されていますので、気兼ねなくファッションアイテムとしての機械式腕時計を購入できます。その場合はそれぞれで状態が異なるため、しっかり確認して納得できるものを探しましょう。

ウブロは、1980年にスイスのジュネーヴで誕生した高級腕時計メーカーです。手元を魅力的に演出してくれるラグジュアリーなアイテムが豊富に揃っています。