内祝いにも活躍!カタログギフトを贈りませんか


カタログギフトってどんなもの?

最近は贈り物の定番としてカタログギフトを利用する方も増えていますが、実際にはどんなものなのかあまり良く知らないという方もいるのではないでしょうか。その名の通りカタログを贈ると言うものですが、このカタログの中に食べ物や電化製品、キッチン雑貨などいろんな商品がずらりとラインナップされています。この中から一つだけ好きな商品を自分で選べるというのが特徴で、ギフトとしてもらった側が自分の好みでチョイスできるというところが人気の秘訣です。カタログを販売している会社もいまやたくさんありますし、一つの会社でもお手頃価格のカタログから、数万円もするようなカタログもあるので、改めてカタログギフトは使い勝手も良いとされているのです。

メリットやデメリットは?

カタログギフトの最大のメリットは、「贈った側で好きな商品を選んでもらえる」ということでしょう。価格もお手頃なら2000円台ぐらいからありますし、宿泊などの体験型で高価なものなら5~10万円ほどするようなカタログもあります。カタログ内に金券を取り扱っているものもあるので、贈るシーンに合わせて選べるのも魅力です。デメリットと言うと、カタログギフトそのものがあまり好きではないという方も一定以上いるということです。リサーチしておいて、あまり好きではなさそうであれば、最初から違うものをお贈りした方が喜ばれます。そしてカタログギフトにも期限が設定されているので、申し込み忘れがないようにしてもらうように伝えておくようにしましょう。

内祝いとは内輪での祝いごとのことをいいます。例えば出産や還暦など内輪だけで祝うことや、贈り物でお祝い事を祝う意味もあります。