煙草と何が違うの?電子タバコの基礎知識を紹介


電子タバコってどんなもの?

電子タバコは簡単に言えば、電子タバコ専用の加熱式の装置を使ってタバコ内の液体を気化・水蒸気となった中身を吸い込むというスタイルのタバコを指しています。

特徴としては電子タバコの中身を加熱して水蒸気となったものを吸い込むところと、煙を出すわけではないため副流煙の問題を解消しているところが挙げられています。そして加熱するための特別な装置を購入する必要があるため、通常のタバコと比較すると必要な道具が多かったり作業が多い点も電子タバコならではの特徴です。

ちなみに電子タバコの中身のことはリキッドと呼ばれており、様々なフレーバーや香りを楽しむことができます。

通常の煙草との違いについて

電子タバコと通常の煙草の大きな違いは、ニコチンやタールを含んでいるかどうかです。

通常の煙草にはニコチンやタールが多量に含まれているのですが、電子タバコにはニコチンが含まれていません。そのため日本の薬事法に触れずに販売することができるとされていますし、ニコチンなどの有害物質をほとんど含んでいないため吸っている人はもちろん、周囲の人たちの健康被害も抑えることができると考えられています。

そしてもう一つの大きな違いが、臭いです。通常の煙草はどうしても臭いという印象がありますが、電子タバコの場合は独特な臭いはあるものの通常の煙草と比較すると臭くないと言われています。そのため煙草の臭いが苦手な人でも安心ですし、壁や部屋の中に臭いが付着する心配もほとんどありません。

vapeとはさまざまな香りを電気の力で蒸気化し、その蒸気を吸って香りを楽しむ嗜好品です。日本では禁煙グッズとして人気で、電子タバコとも呼ばれています。