機械式時計は手入れをすれば一生モノってホント!?まずは時計職人探しからスタート


高級機械式時計なら世代を超えて使い続けられる

高級な機械式時計ほど精密に計算された設計が行われているので、部品のメンテナンスと調整さえしっかり行えば子供や孫の世代まで引き継げます。毎日繰り返し一定数の竜頭を巻くか自動巻きならば腕時計として日常動作を行うことが求められているわけです。ゼンマイが解ける力により動いているからこそ、ゼンマイをしっかり動かすことが大切です。全く動かさないまま機械式時計を置いてしまうと、内部のオイルが酸化して固化するだけでなく、微妙な機械式時計内部のバランスまで崩れてしまいかねません。毎日程よく動かすことで、機械式時計本来の動きを続けることが、時計を長持ちさせる秘訣となっているわけです。機械式時計は一定年数ごとにオーバーホール作業が必要となる点も忘れてはなりません。

機械式時計は凄腕時計職人とセットで考えよう

20万円程度で購入出来る機械式時計の腕時計ならば、多くの時計職人でも対応出来る内部構造をしています。しかし、100万円を超える価格の機械式時計は、内部構造が複雑かつ精巧に出来ているので腕利き時計職人以外にはオーバーホールを任せることは出来ません。初めて機械式時計を購入する際には、店頭にて多くの場合で馴染みの時計職人がいるか確認されます。高級機械式時計ともなれば、オーバーホールを行える時計職人が限られているので、3~4年に1度行うオーバーホール作業を任せられる時計職人の確保が先決です。なぜなら、内部の機械油が酸化して時を刻む振り子の振動数が変わるほどの摩耗による抵抗が増すと、オーバーホールを完璧に行わないと一部に負荷がかかりやすくなるからです。

腕のいいグランドセイコーは派手でないデザインでありますが、高級感を与えてくれます。ビジネスやフォーマルなシーンにあいます。