屋上緑化で日々の生活に潤いを!緑化のメリット・注意点とは!


屋上緑化って何をするの?

屋上緑化は、集合住宅やオフィスビルの屋上の空きスペースを利用し、木や草花を植えることを言います。特に近年は、環境問題への関心の高まりから、大都市の中心部などでこの屋上緑化の動きが増加しつつあります。こうした動きは企業のみにとどまらず、一般住宅でガーデニングを楽しみたいが庭が手狭だ、悪天候の時でもペットの運動ができるスペースが欲しいなどという理由で一般の戸建て住宅でも屋上緑化をし、活用しているという例もあります。

屋上緑化の様々なメリットとは!

木や植物には二酸化炭素を吸収してくれる働きがあります。多くの車が行き交う都市部や、生産活動が盛んな工場があるような土地ではこの屋上緑化により二酸化炭素を取り込み、周辺の快適な環境づくりに貢献しています。さらに屋根が植物でおおわれると夏は涼しく、冬は熱を逃がしにくくなります。そうしたことから建物内の省エネにもつながり、長期的にみるとランニングコストの削減という事にもつながります。そうした実際の物理的な効果だけでなく、人が緑を見ることによるリラックス効果というのも仕事の能率アップや生産性の向上にもつながる可能性があります。

屋上緑化の際にここは気を付けておきたいところ!

屋上緑化をする際に1番気を付けておきたいのが、屋根の耐重量を考えた緑化をするという事です。特に雪国などでは冬に積もる雪の重量など、様々な視点からどれだけの規模の緑化をするか考えましょう。他にも水やりの際の排水経路や、根っこが建物に根付いてしまい建物にひびを入れてしまわないか、などという点も緑化の際に起こりうるトラブルとして頭に入れて置く必要があります。

屋上緑化をすると建築物の断熱性が上がり景観が良くなります。夏の日差しも防ぐので、冷却効果も見込めます。